塾・英語教材を利用して学力アップ

塾database

勉学

勉強をする場合は、学校で行う場合と塾で行う場合がある。
前者は、義務教育の12年間を費やして基本的な学習力を養うことを目的とする。
時間も、平日の朝から夕方までと長めの時間を勉学に当てる。

しかし、多くの教科を学習することや、一授業あたりの学習時間が限られている面もある。
これにより、人によっては思うように学力が伸びない場合もある。
その中で、学力低下をカバーする目的として活用されるのが後者の塾である。

塾は、学校とは別に学習できる場を用意し、講師を立てて勉強の予習復習を行うものである。
基本的に、国が定める義務教育制度とは何ら関係がないが、進学において塾は重要な位置づけとして保護者や生徒に認識されている。
学校での学習を骨格部分として、その周りに塾での学習で肉付けをしていくようなものである。
これにより、テストや試験への対策が完璧となった学力を修得することができる。

方法

houhou

塾と学校での勉強は、全く雰囲気の違う中で行われる。
基本的な学習スタンスは同じだが、塾の場合はその時間の間は誰もが集中して行っている雰囲気がある。
学校では、生徒の自主性を図る為に勉強のみに重点を置くのではなく、いろいろな経験をすることができるカリキュラムを用意している。
しかし、その中ではどうしても怠惰な感情が芽生えてしまい、授業内容に集中できないことも多い。
塾の場合は、全員が勉強をするという全力な雰囲気が充満しているため、勉強に集中しやすい環境が整っている。

塾によっては、専用の教材を使うことも多く、その内容は学校の授業内容に沿って補足情報などが記載されているものも多い。
これにより、塾でしか得ることのできない考え方や勉強方法を得ることができるのである。

密接

miseetu

学校の授業は、基本的に一対多数という形式の元で行われる。
そのため、教師の教え方によってすべての生徒が100%理解するということはない。
生徒は、予習復習を通じて学力をアップさせていく必要がある。

塾では、授業で進んだところをなぞるように学習することが多い。
同じ趣旨で、しかし内容が違う問題を解くことで、考え方が柔らかくなる。
こうした行程を経て、テストや試験でも柔軟に対応することができるのである。

使用される教材にも、そうした様々な場面で使えるような考え方を養う物が多い。
教科書にはない要点をまとめているものもあり、それを重点的に行うので理解が深まるのである。


イチ押しリンク

スクールIEはすごく評判がいいんです!【学習塾の評判をリサーチ】
前橋の塾なら学習する意欲がつきますよ【自立学習塾マイセルフ】


家庭教師を和歌山でお探しなら|アップ総合教育グループ

News/ニュース

2014/03/04
広がりを更新しました
2014/03/04
知るためにを更新しました
2014/07/24
スピードラーニングとはを更新しました
2014/07/24
オンライン英会話についてを更新しました
2014/07/24
塾の個別指導とはを更新しました